利用レバレッジ次第でリスクが変わる

MENU

素人が外国為替取引で賢く資産を増やすには?


FXには「ハイリスク・ハイリターン」といったイメージがあると思います。しかし自分のレベルに合わせてレバレッジを選ぶことによりハイリスク投資からローリスク投資へと変えることができます。ここではローリスク投資法とレバレッジの活用方法、FX会社の選び方についてご紹介いたします。

じぶん銀行FXでレバレッジを安全に使って資産を増やす


FXがハイリスクと言われる2つの理由


FXとは外国為替証拠金取引の事です。証拠金と呼ばれるお金をFX会社に預け、その会社を通して円やドルなどの外国の通貨を売買します。

例えば円/ドルのペアを1ドル100円で買うとします、その後1ドルが110円になったとすれば10円の利益を瞬時に出せます、しかし逆に損失を出すリスクもあります。

最初の理由は、レバレッジをかけて取引をするということ。レバレッジとは最低取引単位の売買金額と、その取引に必要な証拠金の比率のことです。

例えば1ドル100円としましょう。1万ドルの取引に必要な証拠金が1万円なら100万円÷1万円=100でレバレッジは100倍ということになります。必要な証拠金が10万円なら、100万円÷10万円=10でレバレッジは10倍です。

FX会社や通貨ペアによってレバレッジはかなり違います。このように自己資金の何倍もの売買取引が可能なため瞬時に莫大な利益を上げることができるかわりに損失も大きいところからハイリスク、ハイリターンと言われています。

2つ目は資金管理が難しさです。レバレッジと並び重要なのが資金管理です。高レバレッジで複数のポジションを持つとそれだけ多くの証拠金が必要になり口座の残高が減っていきます。

そうなると相場が予想より少し逆方向に動いただけで強制決済(ロスカット)やマージンコールにかかる恐れがあるからです。

例えば証拠金10万円(担保余力100%)から実質証拠金が約2万円以下(担保余力20%)になりFX会社が強制的に決済すると(FX会社によりますが)資金が一瞬で8〜10分の1になるからです。レバレッジの倍数には注意が必要です。


リスクを乗り越えFXで確実に資産を増やすために


ここでは自己資金をロスカットに合わずに安心して運用していく金利収入(スワップ)を狙った取引をお勧めします。

スワップとは最低数か月、長くて1年以上金利の低い通貨(一般的に円)を売って金利の高いニュージーランドルや豪ドル、南アフリカランド)などを買い金利収入を狙う方法です。

外貨預金のような仕組みで売買手数料は外貨預金よりも低く24時間取引できます。例えば豪ドルの金利が4%とし円を0.1%だとします。

金利の収入として3.9%の金利を受取れます。低レバレッジ(1〜2倍)で確実に資産を増やしたい投資家向けです。

しかし、円高傾向のある状態だと損失が膨らむ可能性があり、極端な円高になった場合は損失が拡大する前に損切も必要です。


銀行を利用して賢くFXをする じぶん銀行編


評判,じぶん銀行,FX,評価,FX,レバレッジ,リスク管理

FX上級者や売買回数の多い高レバレッジの積極投資派を除いては銀行系の会社がお勧めです。

例えばじぶん銀行FXではじぶん銀行の口座開設が必要ではありますがどちらもPC、スマートフォンからの手続きが可能で専用アプリから手続きをすれば2週間ほどでじぶん銀行のキャッシュカードが届き、じぶん銀行FXのページから口座開設ができますのですぐに取引が開始できます。

また、じぶん銀行の信用度の高さや資金の振替が瞬時に行え、ATMからの振込み手数料が無料化、またじぶん銀行の円預金の金利が0.2%と他社に比べて高金利が望めます。

さらにキャンペーンを利用するとじぶん銀行の新規口座開設で金利0.25%がプラスされるので合計で0.45%の金利が付き、更にauのIDを登録するとさらに特典として0.15%が上乗せされるため計0.6%(3か月定期)もの金利が得られる上にじぶん銀行から振込み可能な他金融機関への振込み手数料も無料となるなどFX会社で口座を開くことに比べ特典が多いです。

しかもじぶん銀行FXでは新規口座開設後、対象期間中に1万通貨(約定済み)以上の取引で1000円〜最大5万円のプレゼントがもらえます。

じぶん銀行FXではスプレッドを見るとドル/円が2銭と他社に比べると幅が広いのが難点ではありますが最小取引額1000通貨と少額から始められ、ロスカットは維持証拠金維持率100%未満になった時、証拠金維持率が150%を下回った時点でプレアラートメール、125%を下回るとアラートメールが登録のEメールに送信されるなどのメリットもあります。

このようにじぶん銀行FXは少額から始めたい方、資金管理や相場に不慣れで資産を守りたい方、少しでも堅実にお金を増やしたい方向けといえるでしょう。


投資スタイルに合わせて利用レートと利用口座を変える


FXとは取引相手がFX会社で株式のように公設の市場で売買するのとは根本的に違います。したがってどの会社を選ぶかは非常に重要な意味を持ちます。

会社を選ぶ際には会社としての信頼性、スプレッドの幅、スワップ金利、レバレッジ上限、をチェックした方が良いかと思います。

例えば長期スワップ目的の投資家には多少スプレッドが高くても安全性の高いじぶん銀行のFX口座がぴったりです。他方でFXを通して資産を大きく増やすことに興味がある方は、100倍〜400倍のレバレッジが利用できる海外のFX口座の方がじぶん銀行よりも相性が良いはずです。

じぶん銀行のようなレバレッジ規制がある国内口座を利用するのかレバレッジ規制のないFX口座を利用するかでFXの結果は大きく変わります。そのためFXに取り組むのならば、高いレバレッジの利用ができるFX口座の開設についても検討した方が良いかと思います。

⇒高いレバレッジが利用できるFX口座の大特集


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者