実はFXの鍵を握る証拠金維持率の計算方法

MENU

トレードにおける担保金の役割とは?


FXは一定の資金をFX口座に証拠金を預け入れ、その資金を担保にして取引するタイプの投資です。

証拠金を預けるからこそFXの醍醐味であるレバレッジという機能が使えますし、FX口座に担保金がなければレバレッジが使えないことに加えて通貨の売買にも取り組めません。

このコンテンツではFXにおいて担保の役割を持つ証拠金と上手に関わるために知っておきたい4つのポイントについて紹介していきます。



オレンジ色の矢印




そもそもFXにおける証拠金とは

証拠金の中でも取引ポジションを維持するために必要になる最低金額の証拠金を必要証拠金と言います。

日本の個人口座では25倍までのレバレッジが可能であるため、取引額に対して最低でも4%の額をFX口座に預け入れる必要があります。つまり100万円の取引をする場合は最低4万円の必要証拠金が必要になるということです。

ちなみに500万円の取引をFXで行う時には20万円が必要になります。

実際にFXに取り組む際にはFX口座にどのくらいの証拠金があるのかを常に把握していなければなりません。それができないと含み損が膨らんだときにロスカットされ、不必要に損失を拡大させてしまう場合があるからです。




レバレッジよりFXの命運を握る証拠金の特徴と維持率の目安


FXの命運を分ける証拠金維持率とは?


証拠金維持率とは、取引している総額に対しての、証拠金の残高の割合のことです。現在の割合はこれから紹介する計算式で算出されます。


(有効証拠金÷必要証拠金)×100=証拠金維持率


決済せずに保有しているポジションでは、現時点での含み益・含み損が発生しています。その含み益・含み損のことを評価損益と言いますが、有効証拠金とは必要証拠金から評価損益を足し引きしたものです。

そして有効証拠金を必要証拠金で割ったものが証拠金維持率となります。この説明だけではイメージが分かりにくいと思いますので、具体例を使って説明してみます。

例えば1ドル=100円の相場のときに1万ドルをレバレッジ25倍で買い建てたとします。この25倍のレバレッジを使った取引における必要証拠金は4万円になります。

1ドル=100円で買い建てた後に、相場が1ドル=99.5円に変動したとします。すると、1万ドルは99.5万円になり、5千円の含み損がFXで発生します。

FX口座内の証拠金は4万円だったためここから5千円を差し引いて、3万5千円が有効証拠金になります。

証拠金維持率は(3万5千÷4万)×100=87.5%

となります。

証拠金維持率はFX会社によって異なりますが、一般的には50%〜100%に設定されていることが多いです。



維持率が一定値を下回るとロスカットが起きる


FXで証拠金維持率が一定基準を下回るとマージンコールが行なわれます。
マージンコールとは、FX口座の担保金を増やすかポジションを決済することで証拠金維持率を一定以上にすることをお知らせする機能のことです。

マージンコールが行なわれると、新規注文ができなくなります。


このマージンコールを無視してFXを続けると、強制的にロスカットされてしまいます。ロスカットとは自動的に決済される機能のことです。

そうなれば自分が想定していた以上の損失が確定してしまうかもしれません。
例えばマージンコールが100%、証拠金維持率が60%の設定されている会社ならば、先ほど紹介した87.5%という維持率ではマージンコールが行なわれて新規の注文が行なえなくなります。

そのままFXを続けた結果、相場がさらに下落して証拠金維持率が60%以下になってしまった場合、その時点でロスカットされ、損失が確定してしまいます。

レバレッジよりFXの命運を握る証拠金の特徴と維持率の目安


ハイレバレッジの安易な利用はロスカットに繋がる


実際のFXでは1倍のレバレッジ〜25倍のレバレッジの間で実行レバレッジを決めて取引に臨みます。使うレバレッジが高ければ高いほどロスカットが起こりやすくなります。

先ほどのように1万ドルの取引で4万円しか証拠金がなければ、相場が50銭下がっただけで証拠金維持率が大きく下がってしまいます。

同じように1ドル=100円相場で1万ドルを買い建てる取引で、FX口座に10万円を入金したとしましょう。これで1ドル=100円から1ドル=99.5円に相場が下落した場合、同じように5千円の損失が発生します。

FX口座には10万円があるため、10万-5千=9万5千円が有効証拠金となります。ちなみに証拠金維持率は、 (9万5千÷10万)×100=95%

となり、先ほどよりもずっと高くなります。しかしこれでも100%を割り込んでいるため、たいていの会社ではマージンコールの対象となってしまいます。

証拠金維持率は高いほど安定的な取引が行えるので、実際のFXでは500%、1000%、2000%を目指します。

つまりFX口座の残高を増やして、自分にとって無理の無い範囲でのレバレッジを利用して取引するということです。もちろんFX口座の残高を適宜増やすのを面倒に感じる方や予算の関係で厳しいという方もいるかもしれません。

そういった方々におすすめしたいのは、レバレッジ上限が高いFX口座でFXに取り組むことです。

少し考えて頂きたいのは、レバレッジ上限が25倍のFX業者で100万円分のFX取引を行うとなると最低でも4万円がFX口座に無くてはいけません。注目したいのはこの4万円というのはあくまで上限レバレッジが25倍のFX口座のケースです。

つまり、レバレッジ上限が25倍をはるかに上回るFX業者を利用する場合はより少ない資金で済みます。この上限レバレッジと最低担保金の関係はFXでは大切になるので詳しく説明していきます。

例えば上限レバレッジが1,000倍のFX口座で100万円分のFX取引を行うケースを考えてみましょう。

最大で1,000倍のレバレッジが使えるのでFX口座内に1,000円以上のお金があれば100%の証拠金維持率をキープできます。この1,000円というのは25倍の上限レバレッジのケースの4万円の40分の1ですよね。

このようにレバレッジ上限が高いFX口座を開設すれば、最低証拠金が低くなるのでロスカットリスクは自動的に小さくなります。

もちろん上限レバレッジが1,000倍であってもその高いレバレッジを使う必要がありません。例えばレバレッジ2倍やレバレッジ5倍といった比較的低いレバレッジレートでFXに取り組むこともできます。

このことを考えると上限レバレッジが高いFX口座の利用は、特にリスクを背負うことなくロスカットリスクを大幅に下げることができると言えます。FXでロスカットが怖い方は、レバレッジ上限が高いFX口座の利用を検討するのがよいでしょう。

レバレッジの上限レートが高いおすすめのFX業者についてはこちらのページでランキング形式で紹介しています。

上限レバレッジが高いFX業者を大特集


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者