おすすめのレートが五倍である理由

MENU

リスク・リターンに優れた
最高のレートとは?

誰とっても都合が良いレバレッジ5倍
 FXの勝敗を左右するレバレッジ機能ですが、FXでどれくらいのレバレッジを利用すればよいかは誰でも頭を抱えるものです。

 高レートを利用すれば、FXで大きなリターンを狙えますが、それだけリスクも大きくなるので期待損益のバランスを考える必要があります。

 ちなみに期待損益のバランスという点で最適なレバレッジは「5倍」です。

 どうして5倍のレバレッジがFXにおいて損益の両面で優れているかと言いますと、5倍ならば大きなリスクを避けながら適正なリターンを狙えるからです。

 もちろんFXにおいて最適なレバレッジレートは、FXでどのくらいのリターンを狙うかで変わります。

 利用レートを考える前に、FXのゴールを決める必要があります。

 そこで、このコンテンツではFXで最適なレバレッジレートを考えるためのコツと、なぜ5倍が多くの個人投資家と相性がよいのかについて説明していきます。


 これから紹介する内容の中には、5倍のレバレッジと直接的には関係ない内容もいくつかあります。

 FXで5倍のレバレッジを使うメリットについていち早く知りたい方はこちらをどうぞ。

>>FXで5倍のレバレッジをおすすめする理由


利用するレバレッジを考える
そのときの3つのポイント


 証拠金をはるかに上回る規模で通貨の売買を行えるレバレッジ機能ですが、どの程度のレートを利用すればよいかは迷いどころ。

 適切なレバレッジレートを考えるためにもFXの目標を決めることがポイントになります。

 FXの目標を決めるための鍵は、これから紹介する3つの点を明確にすることです。

    1. 用意する証拠金の額
    2. 最終的に目指す金額
    3. いつまでに達成するかの期日

 ここで紹介した3つの点が明らかになれば、最適なレバレッジレートが決まります。

 目標を決めずにFXに取り組むと為替相場の値動きに踊らされてしまう恐れがあります。

 相場の値動きに踊らされると高い確率で負けが確定するので、FXで結果を出したいのならば正しい目標設定は不可欠です。

 FX取引における目標が決まれば、理想的なレバレッジレートが分かります。

 目標の達成に繋がるレバレッジレートが、あなたにとっての最適なレバレッジレート

 ただし理想のレバレッジレートの裏の損失リスクに対しても目を向ける必要があります。

 例えば、理想的なレバレッジが5倍だった場合、FX取引の期待リターンは5倍になりますが損失時のダメージも5倍になります。

 理想的なレバレッジレートに潜むリスクについては、きちんと目を向けたいもの。

 もし、リスクが大きすぎるということでしたらFX取引で利用するレバレッジの見直しが必要になります。


損失リスクが怖くても
1倍を避けるべき2つの理由


 FXにおいて1倍のレバレッジは損失リスクの小ささには定評があります。・・・が、できることならば利用を避けたいもの。

 ここでは、レバレッジ1倍でFXに臨むべきではない3つの理由を紹介します。

1倍の弱点は利益の小ささ?

 まずポイントになるのは、元手が小さい場合1倍のレバレッジではFXで稼げないということです。

 レバレッジを利用しないFXは事実上外貨預金と変わらないと言えますね。

 ちなみに外貨預金の期待利回りは、1%〜3%と言われているので、レバレッジ1倍のFXではほとんどお金を増やすことはできません

 もちろんFXは、外貨預金と比較するとはるかに手数料が低いので、外貨預金よりは大きな利回りを期待できます。

 しかし、株や不動産投資と比較すると期待利回りは微々たるもの。

 FXの利益の出し方は、為替の値動きと金利の差という2つのパターンがありますが、どちらも1倍のレバレッジでは大きな利益は見込めません

 1倍のレートでは、預けたお金をはるかに上回る取引ができるFXの醍醐味を味わえなくなるということを理解しましょう。

2種類のコストが高くつく


 レバレッジを1倍に設定して、FXに取り組んでも手数料や税金といった諸経費機会費用という2種類のコストがかかります。

 まずは諸経費に関して。諸経費の中でも特に送金手数料は、レバレッジが1倍であろうと5倍であろうとかかります。

1倍でも5倍でも送金手数料は同じ

 ポイントとなるのは、送金関連の手数料

 証拠金をFX口座に入金する際の送金コストは、レバレッジが1倍であろうと5倍であろうと同額がかかります。

 特に1倍のレートの場合、見込める利益が少ないので送金コストで利益の大半が無くなる可能性があります。

 ちなみに送金コストは、FX口座に入金するときだけではなくFX口座からお金を出金する際にもかかるので軽視できない存在です。

 ここまで取り上げた諸経費は目に見えるコストですが、FXに取り組むと機会費用という目に見えないコストがかかります。

同じ時間のうちに増やせる利益が違う

 どういうことかと言いますと、利用レバレッジに関わらずFXに臨み相場に向き合うと、時間を使う必要がありますよね。

 為替相場の値動きが損益を生むとき、レバレッジ1倍とレバレッジ5倍では、同じ時間同じように売り買いをしていてもレバレッジにより損益に差がでますよね。

 当然レバレッジが高い方が利益が出るのも損失が出るのも大きい、つまり同じ時間で同じことをしていてもハイレバレッジの方が早く結果がでると言えます。

 つまり、レバレッジが1倍のケースと5倍のケースでは、取引上の損益は1:5になりますが、時間的コストは全く一緒

 時間効率的な観点から見ると、レバレッジ1倍のようなより低いレバレッジの取引の方が割高という見方もできます。


5倍のレバレッジレート
おすすめする3つの理由

レバレッジ5倍がおすすめの3つの理由
 利用するレバレッジに迷った時は、5倍のレバレッジでFXに取り組むことをおすすめします。

 ここからは、5倍のレバレッジがFXにおいて都合が良い3つの理由を紹介していきます。

1.2種類リスクが小さく収まる


 FXで注意をしたいリスクには、巨額の損失リスクとロスカットリスクという2種類があります。

 5倍というレバレッジレートは、この2つに対して効果的に対応することができます。

損失リスクへの対応力

 損失リスクに関して言うと5倍のレバレッジでは、FX取引で支払いが困難な損失が発生することは基本的に考えられません。

 その理由は、標準的な相場の値動きを観察すると主要な通貨の1日あたりの値動きは前後60銭(60 pips)以下に収まるからです。

 その結果、相場が標準的な動きをしている限り1日単位の最大の損失額は下記のようになります。

最大損失額 = 60銭 × 取引高(取引通貨量)

 仮に1万通貨の取引高でFX取引に臨んだ場合、為替相場が大きく揺れ動かなければ一日あたりの最大損失額は6千円に収まります。

 1万通貨は約100万円ほどの取引なので、実効レバレッジを5倍に設定するなら20万円ほど証拠金があればOK。

 20万円のうちの6千円ほどの損失ならそれほど、大きな額とは言えませんね。

強制ロスカットのリスクは?

 先ほど言ったように、20万円の証拠金に比べ、1日の最大損失額が6千円。強制ロスカットのリスクもほとんどありません。

 このように5倍のレバレッジでFXに取り組めば、ロスカットと巨額の損失に見舞われることはほとんど無いといえます。

 そのため、FX取引における各種のリスクを可能な限り下げたいという人にもレバレッジ5倍は都合の良いレートと言えます。

2.程よいリターンが狙える


 FXで5倍のレバレッジを利用するということは、為替の値動きと金利差で発生する利益が本来の5倍になることを意味します。

 まず為替の値動きですが、FXの世界では為替は常に揺れ動くのでレバレッジを使わなくてもある程度の利益を狙えます。

 実際、1万通貨単位で通貨の売買に取り組み効率よく利益を取っていったとしましょう。

 その場合であるなら、レバレッジを使わなくても年間で10万円〜20万円の利益が出るはずです。

 1万通貨つまり約100万円の取引で、レバレッジを使わずとも20万円の利益が出れば利益率は20%ですよね。

 もし、同じ条件下で5倍のレバレッジを使ってFXに取り組んだらどうなるでしょうか。

 20万円×5という計算を行うと100という数値が出る以上、1万ドルのFX取引で100万円分の利益が見込めます。

 効率よくさえ利益を取れるならレバレッジ5倍のFXトレードでも1年間で証拠金を倍に増やすことすら十分可能

 もちろん損失時のダメージも5倍になりますが、そこは逆指値を設定してあらかじめ損切りラインを設ければ、大きな損失には繋がりません。

 このように5倍というレートは、FXにおける損失リスクを制限した上で相応のリターンが狙えます。

 そのため、FX初心者にもFX上級者の方にもよく利用されるレバレッジレートです。

3.通貨売買のトレーニングに最適


 何事も結果を出すには、ある程度の練習が必要でありそれはFXにおいても同様です。

 FXで大きな利益を狙いたい人ほど最初から高いレバレッジを利用しようとしがちですが、経験が浅いうちは低いレートでFXに慣れるのが王道と言えます。

 ただし、レバレッジを低く設定して痛みが伴わない環境でFXの練習をしていては、成長スピードが鈍ってしまいます。

 何事も真剣勝負でやるからこそ、多くの学びを得られるはずなので、練習とはいえ相応の損益が発生する環境でFXに取り組みたいものです。

 リスク管理と勉強という2つの側面を考えると5倍というのは妥当なレートと言えます。

 5倍のレートならばFXのコツやマーケット感覚を致命傷に繋がる損失リスクを避けながら身に付けることができます。

 一定期間5倍のレバレッジでFXの練習をすれば、数百倍といった高いレートで本格的な勝負をする際の勝率が上がります。

 FXの経験値や相場感を身につけるという点でも、5倍のレバレッジは大いに役立つのです。

 5倍のレバレッジを使ったトレードに最適であり、数百倍クラスのレバレッジも使えるFX口座についてはこれから紹介していきます。

>>5倍のレバレッジにぴったりなFX口座を紹介


100倍や400倍を使う方法は?

100倍や400倍でのレバレッジは?  100倍や400倍といった高いレバレッジレートでFX取引に臨むのならば、海外口座を利用する必要があります

 ここでから、FXで数百倍クラスのレバレッジを利用する前に知っておきたい3つのポイントを紹介していきます。

国内口座の上限レートは25倍


 金融庁によって国内の個人口座のレバレッジ上限は25倍に定められています。

 さらにこの規制は、2018年春からくりっく365以外の国内FX業者は10倍に定められます。

 そのため25倍を上回るレバレッジを利用したいのならば、海外口座か法人口座でFXに取り組む必要があります

 どちらの口座でも25倍を超えるFX取引を行えますが、審査規準の緩さや口座開設にかかる労力を考えると海外口座の方が良いかと思います。

 海外口座の開設は簡単な個人情報を海外FX業者の公式サイトの登録フォームに入力するだけなので数分で完了します。

海外口座なら1,000倍のレバレッジも使える


 ここでは、海外口座の特徴の中で絶対に押さえておきたい3つのポイントを紹介していきます。

追証が不要

 海外FX口座は追証が不要なので証拠金がマイナスになる損失が発生してもマイナスを帳消しにしてもらえます。

 本来FXの世界では、数百倍のレバレッジを利用すると数円の相場の値動きで証拠金がマイナスになるので、とても嬉しい制度と言えます。

大規模な取引が行える

 各FX業者の最大取引金額は、以下の計算式で算出されるので上限レートが高ければ高い程大きな取引を行えます。

最大取引高 = 証拠金額 × 上限レート

 ほとんどの海外FX業者は、レバレッジ上限を100倍以上に設定しています。

 国内口座よりも格段に上限レバレッジが高い以上、海外口座は国内口座と比較すると格段に大規模なFX取引を行えると言えます。

ロスカットリスクが低い

 レバレッジ上限が高い海外口座は、最低証拠金を国内口座よりも低く抑えることができます

 そのため、海外口座を利用すればFXで絶対に避けたいロスカット被害に遭う確率が大いに下がります。

 今回取り上げた3つのポイント以外にも、海外口座と国内口座では異なる点が数多くあります。

 詳細な内容は省きますが、「こんなものがあるよ」という例を最後にいくつか紹介します。

    1. 送金手段の種類
    2. 手数料価格
    3. 口座開設期間
    4. ボーナスポイント
    5. 課税制度

 細かな説明は省きましたが、海外FX業者の方が利用しやすいと言えますね。

損失リスクを10分の1に抑える3つのコツ


 ここからは、100倍を超えるレバレッジをFXで使うのならば、心がけておきたい3つのポイントを紹介していきます。

  1. 追証のないFX口座
  2. 逆指値の設定
  3. 証拠金残高のチェック

 特に気をつけたいのは、1.追証のないFX口座2.逆指値の設定です。

 海外口座の中には追証が必要な口座もある以上、追証が求められないタイプのFX口座を意図的に選びたいものです。

 FXは、日本株や外貨預金とは異なり24時間値動きします。

 そのため、本業の仕事中や就寝時間中に為替相場が大きく動き、いつの間にか大損をすることがあります。

 「売り時を逃す」ことを避けるためにも逆指値で損切りを自動設定するのが無難と言えます。


まずは海外口座で5倍のFX取引を行う


 このコンテンツでは、適切なレバレッジレートを考えるためのヒントをいくつか紹介してきました。

 どの程度のレバレッジを利用するかは、FXでどういったゴールを目指すかで変わりますが、FXを専業としていない人は5倍のレートが無難といえます。

 なぜ5倍が良いかと言いますと5倍のレバレッジならば、ロスカットのリスクを小さくしながら相応のリターンが見込めるからです。

 もちろん、5倍のFX取引で飽き足りないということでしたらより高いレバレッジレートを利用するのも悪くはないですが、それはFXに慣れてからでも遅くはありません。

5倍取引だとしても海外FXが無難

 5倍のレバレッジは、国内口座でも海外口座でも利用ができますが、損失リスクと今後の選択肢を考えると海外口座を利用するのが無難と言えます。

 海外のFX口座は、国内口座と比較してロスカットリスクが低いですし、損失範囲も証拠金額に収まります

 様々な海外FXの業者が海外口座を提供しており、各業者の提供口座の質はバラバラです。

 そのため、口座開設に利用するFX業者の選定には慎重になったほうが良いかと思います。

 筆者は、海外口座を開設する際にこれから紹介する3つの条件で複数の海外FX業者を絞りこみました。

    1. レバレッジ上限が500倍を超える
    2. 追加の証拠金が求められない
    3. 日本語によるサポートがある

 この3つのポイントに該当する海外FX業者は複数ありますが、個人的にイチオシの業者はゲムフォレックスです。

 ゲムフォレックスが提供するFX口座は追加の証拠金が不要ですし、レバレッジ上限はなんと1,000倍

 日本語のサポートサービスも充実しておりますので筆者自身もFX口座を開設し、とても満足しております。

 >>人気FX業者GEMFOREXの説明

ランキング
第1位 GEMFOREX オールインワン口座
GEMFOREX レバレッジ :1000倍 ★★★★★
取引コスト :1.2 pips ★★★★☆
アジアNo.1 ブローカー
詳細はこちら
第2位 XM スタンダード口座
xm レバレッジ :888倍 ★★★★☆
取引コスト :1.7 pips ★★☆☆☆
最大の海外FXブローカー
詳細はこちら
第3位 TITAN FX Zeroスタンダード口座
TitanFX レバレッジ :500倍 ★★★☆☆
取引コスト :1.3 pips ★★★☆☆
低い取引コストで有名
詳細はこちら
第4位 AXIORY ナノスプレッド口座
AXIROY レバレッジ :400倍 ★★☆☆☆
取引コスト :1.0 pips ★★★★☆
安心の信託保全
詳細はこちら
第5位 LAND-FX LIVE口座
LAND-FX レバレッジ :500倍 ★★★☆☆
取引コスト :2.6 pips ☆☆☆☆☆
安定のLAND
詳細はこちら

人気のページTOP6

最新記事

特集 ビットコインFX

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか