FXでレバレッジ1倍を使うコツ

MENU

借金リスクが無いノーレバトレードとは?


おそらく今のあなたは1倍のレバレッジを使ってFXに取り組むメリットやデメリットが気になっているのではないでしょうか?

特に1倍のレバレッジを使うとどれくらいの利益が狙えて、どの程度の借金リスクがあるのかは気になると思います。

実は今のあなたが気になっている1倍のレバレッジはFXの世界で最も安全なレートであり、借金の発生リスクもゼロ。この安全という側面にだけ目を向けるとFXで1倍のレートを使うメリットは大きいですが、何もメリットばかりではありません

なぜならFXの世界でレバレッジを使わないことはFXならではの強みを捨てることになるからです。要するにレバレッジ1倍を使うのが良いのか悪いのかはあなたがどんなスタンスでFXと関わろうとしているか次第。

そこでこのコンテンツでは1倍のレバレッジを使ったFXの特徴、メリット、リスク等についてまとめてみました。



オレンジ色の矢印




レバレッジの役割から考える1倍の特徴


FXで1倍のレバレッジを利用する良し悪しについて考えるためにもあらためてFXの世界におけるレバレッジの役割を把握することが欠かせません。そこで1倍のレバレッジのメリット・デメリットについて考える前にレバレッジの役割について考えてみます。

レバレッジとは「てこの原理」のことを指し、FXの世界においては少ない資金を使って大きな金額のFX取引を行うことを指します。

例えば「1ドル=100円」のレートで1万通貨(100万円)のFX取引をするケースを考えてみましょう。この場合、レバレッジ1倍を利用してFXに取り組めば1万ドルのFX取引には100万円の資金が必要になりますよね。

他方でレバレッジをかける場合はそれよりも少ない資金で100万円分のFX取引に臨めます。例えば「1ドル=100円」のレートの時に25倍のレバレッジを使って100万円分のFX取引を行うとなると必要になる証拠金は4万円で済みます。

このようにFXでレバレッジを使えば少ない資金で大規模なトレードが出来るのでレバレッジはとても便利。逆に言えばレバレッジ1倍を使ってFXに取り組むというのは、少ない資金で大規模な取引を行えるFXの持ち味を捨てることになるのです

>>レバレッジ1倍の課題の続きはこちら

レバレッジ1倍のFXの特徴とロスカットリスク




レバ無しFXとロスカットリスクの関係


FXの持ち味を捨てることになる1倍のレバレッジの魅力の1つにロスカットリスクが最小限になることがあります。1倍のレバレッジの利用がロスカットリスクが低く収まる理由についてはロスカットタイミングの計算方法と絡めて紹介します。

トレード会社のロスカットタイミングとは?


例えばこれから紹介する条件で25倍のレバレッジを使って100万円分のFX取引を行ったとします。

  • 預入証拠金は4万円
  • ロスカットレベル:30%

このケースの場合、ロスカットがどのタイミングで執行されるのかについて考えてみます。そのためにもそれぞれの数値をこれから紹介する計算式に挿入するようにしていきます。

[預入証拠金]+[建玉評価損益]≦[自動ロスカット基準額]

ロスカットが行われるレートを 「x」 とすると
40,000+( x - 100 )×10,000 ≦x × 10,000 × 4%×30%という計算式になります。

この計算式を紐解くとXの値は97.16になります。つまりFX口座内の証拠金の額が97.16円以下になるとロスカットが発生します。その一方で1倍のレバレッジを利用してFXに取り組むとどうなるのかについて考えてみます。

レバレッジ1倍ならロスカットリスクはゼロ


実は1倍のレバレッジを使ってFXに取り組めば基本的にはロスカットは発生しえません。 この理由について考えるために先ほど紹介した[預入証拠金]+[建玉評価損益]≦[自動ロスカット基準額]という計算式をレバレッジ1倍のケースで使ってみます。

1,000,000+(X−100)×10000≦x × 10,000 × 4%×30%

この計算式を紐解くとXの値が0.01になってもロスカットの対象になりません。つまり米ドルの価値が100分の1未満にならない限りはロスカットが発生し得ないのです。

ちなみに余談ですが2001年の貿易センタービル爆破事件とリーマンショックの時ですらドルの暴落は発生しませんでした。過去のケースを考えるとレバレッジ1倍でドルを購入している限りはFXでロスカットに見舞われる確率はゼロと考えて良いでしょう。

1つだけレバレッジ1倍にリスクがある


外貨預金にはないレバ無しFXの3つの魅力


レバレッジ1倍のFXの損失リスクとロスカットリスクが低い理由は実態が外貨預金とほとんど変わらないからです。実はこのレバレッジ1倍のFXと外貨預金はよく比較されるので両者の違いについてまとめてみました。

  • 手数料の違い
  • 発生金利の違い
  • 満期の期間の有無

それぞれについて見ていきます。

手数料の違い


外貨預金では為替手数料というものがかかり、外貨を預け入れたり引き出したりする際には1通貨あたり往復で2円〜3円の手数料が発生します。FXでもスプレッドという手数料が発生しますが、外貨預金の手数料に比べると圧倒的に少なく収まります。

発生金利の違い


外貨預金に金利があるようにFXにはスワップポイントという通貨間の金利差から発生する金利差益があります。FXのスワップポイントは外貨預金の金利よりも利回りが高いので外貨預金に取り組むくらいならレバレッジ1倍のFXに取り組んだ方がお得。

満期の期間の有無


非常に重要なポイントですが、レバレッジ1倍のFXには満期という概念がありません。つまりいつでも好きなポジションを取り、反対方向に為替レートが動いてしまっても利益が出るまでポジションを維持できるのです。

この点は満期が設けられていることが多い外貨預金には基本的には見受けられません。つまり気軽に外貨と日本円を交換できるというのは、レバレッジ1倍のFXの強みと言えます。

1つだけレバレッジ1倍にリスクがある


ノーレバと相性抜群のおすすめ会社2選


さてここまでレバレッジ1倍を利用したノーレバトレードの魅力について紹介してきました。そこで次にこれまで紹介してきた1倍のレバレッジを利用したノーレバFXと相性が抜群のFX業者を2社紹介します。

その2社というのはDMMFXとSBIFXトレードというFX会社でです。この2つのFX業者の特徴とレバレッジ1倍との相性が良い理由についてこれから見ていこうと思います。

DMMFX


DMMFXは国内のFX会社の中で最も口座開設数が多いことで有名なFX会社です。そんな口座開設数の多さで有名なDMMFXにはこのような特徴があります。

  • スプレッドが国内最狭水準
  • 380の金融機関と提携
  • 利用可能な通貨ペアが他社の倍(20ペア)
  • 入金手数料が無料
  • 国内トップクラスのスワップレート

ここで取り上げた特徴の中でも入金手数料が無料であることスワップレートが国内のFX業者の中でトップクラスである点が注目に値します。何度お金を入金しても送金手数料がかからない上に受け取れる金利も高いので外貨預金感覚のレバレッジ1倍のFXと相性抜群。

そんなDMMFXは国内のFX会社の中で最も口座開設数が多いことからもFX会社としての信頼性も担保されております。まさにレバレッジ1倍を利用した超リスク回避型のFXに関心がある人にとってぴったりなFX会社と言えるでしょう。

SBIFXトレード


次に紹介するレバレッジ1倍のトレードにぴったりなFX業者はSBIFXトレードです。どうしてSBIFXトレードがレバレッジ1倍のFXと相性が抜群かといいますとSBIFXトレードにはこのような特徴があるからです。

  • 1通貨単位から取引できる
  • スプレッドが国内FX業者で最も狭い
  • 国内最高クラスのスワップレート
  • 信託保全を提供している

ここで取り上げた特徴の中で特にチェックしたいのが取引通貨単位です。なぜなら通常のFX会社の場合は取引単位は1千通貨〜1万通貨になっていますが、SBIFXトレードの場合は1通貨単位からFXに取り組めるからです。

この点はレバレッジ効果を活用できない1倍のレバレッジを利用するノーレバFXにぴったり。取引単位以外に目を向けてもスプレッドは国内FX業者の中で最も狭い上に1倍のトレードには欠かせないスワップ金利に関してもトップクラス。

先ほど紹介したDMMFXトレードと同様にレバレッジ1倍でFXに取り組むのでしたら注目しておきたいFX会社の1つです。


1つだけレバレッジ1倍にリスクがある


レバレッジ1倍のFXのリスクを考えてみるとリスクがないことがリスクと言えます。

そもそもの話になりますが、FXはレバレッジを利用して利益を求めることを前提とした金融商品です。つまりレバレッジ1倍でFXに取り組む場合、1倍の安全性が得られる代わりに利益率の高さが無くなります。

このことを考えると1倍のレバレッジを使ってFXに取り組むのでしたら他の金融商品で投資に取り組んだ方がよいかもしれません。少なくともレバレッジ1倍のFXには損失リスクが低いがゆえのデメリットがあるのは間違いありません。

ちなみに管理人がおすすめしたいレバレッジとの関わり方は、5倍のレバレッジを海外のFX口座で使うことです。

海外のFX口座にはゼロカットという便利な制度があります。このゼロカットというのは、FX口座の残高がマイナスになった時にマイナス金額をカットしてくれる制度です。

要するに何倍のレバレッジを使おうともFXで借金が発生することはないのです。

「レバレッジを借金のリスクを冒さずに使える」というのは、海外FX口座にしかない持ち味です。レバレッジ1倍に強い思い入れがないのでしたらゼロカット制度がある海外のFX口座で5倍程度のレバレッジを使ってみてはいかがでしょうか?

海外FX業者の詳細はこちら


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者