倍率800倍を使いこなすコツ

MENU

超ハイレートを安全に使うための4つの心得


レバレッジ800倍OVER

今回は「数百倍のレバレッジが使えるFX口座を知りたい」、「FXでレバレッジの醍醐味を堪能したい」というあなたに海外FX口座で800倍のレバレッジを効果的に使う方法を紹介していきます。

800倍のレバレッジを使った時のリスクや海外口座の魅力、そしておすすめの海外FX業者についても紹介していますので海外FXやハイレバレッジに興味があるあなたのお役に立てる情報が詰まっています



オレンジ色の矢印




レバレッジ800倍のリスク・リターン


このコンテンツのはじめに800倍のレバレッジを使ってFXに取り組んだ場合のリスクとリターンを説明していきます。

今回はレバレッジ800倍で取引するAさんと、レバレッジ25倍を使って取引をするBさんのリスク・リターンがどう違うのかを比較していきます。AさんのケースもBさんのケースもFX口座の中の証拠金は10万円で1ドルのレートは100円とします。

対象ケース Aさん Bさん
利用レバレッジ レバレッジ800倍 レバレッジ25倍
ポジション 8万ドル
(800万円)
2.5万ドル
(250万円)

●リスク
注文時に「1ドル=100円」だった為替レートが5円下がり、「1ドル=95円」になってしまったケースで値下がりリスクを考えていきます。

Aさんの場合95円/ドル×8万ドル=76,000ドル分(760万円分)になり、注文時に持っていたポジションは800万円分だったので、800万円−760万円=40万円の損失となります。

一方でBさんの場合は95円/ドル×2.5万ドル=23,750ドル(237万5千円分)となり、250万円−237万5千円=12万5千円の損失になります。

同じ5円の下落でもレバレッジを使って取引規模を大きくすると損失額はこんなに変わってきてしまうのです。

●リターン
次に「1ドル=100円」の為替レートが5円上がり「1ドル=105円」になるケースで発生するリターンについて見ていきます。

Aさんの場合は105円/ドル×8万ドル=840万円となり40万円の利益になります。
一方Bさんの場合は105円/ドル×2.5万ドル=262万5千円となり12万5千円の利益になります。

AさんとBさんのケースにおける為替レートの変動の結果をわかりやすく一覧にしてみました。

1ドル単価 「1ドル=95円」 「1ドル=105円」
Aさんの発生損益
(レバレッジ800倍)
−40万円 +40万円
Bさんの発生損益
(レバレッジ25倍)
−12万5千円 +12万5千円

この結果を見てもFXで800倍のレバレッジを使うとリスクとリターンの両方が大きくなることがわかると思います。FXに限らず投資の世界ではリスクとリターンはコインの裏と表のような関係なので800倍のレバレッジを使うと損益の両方が本来の800倍になります。


高レバレッジ利用時に気になるロスカットリスク


ここでは海外FX口座で800倍のレバレッジを使った時のロスカットリスクについて見ていきます。

そもそも「ロスカット」というのは、FXの損失額が一定のラインを超えた時に業者が強制的に取引を終了させるシステムであり、多くの海外FX業者はロスカットラインを最低必要証拠金の50%~100%にしています。

今回はGEMFOREX(ゲムフォレックス)という海外FX業者で800倍のレバレッジを使った時のロスカットリスクについてみていきます。GEMFOREX(ゲムフォレックス)の個人用FX口座の証拠金維持率や今回のケースの諸条件についてまとめてみました。

  1. 上限レバレッジは1,000倍
  2. FX口座に入金した証拠金は40万円
  3. 為替レートは「1ドル=100円」
  4. 取引金額(ポジション)は8万ドル分(800万円相当)
  5. 証拠金維持率(ロスカットレベル)100%

FXでロスカットが発生する金額を知るためには、「FX取引総量÷上限レバレッジ×証拠金維持率」という式を使います。

この式にそれぞれを当てはめると、GEMFOREXで取引した場合のロスカット発生金額は「8万ドル÷レバレッジ1,000倍×100%=8,000円となります。FX口座に入金していた金額が40万円なので口座内の証拠金が39万2千円減るとロスカットになります。

ロスカット対象金額が8千円なのでそうそうロスカットは起こり得ない気がしますが、800倍のレバレッジを使うと1円の下落で大きな損失が発生します。

今回のケースですと8万ドルを保有しているのでドル単価が1円下がるだけで8万円の損失が発生します。(1円×8万通貨)

同じように証拠金が8,000円になるタイミングを計算すると39万2千円÷8万(通貨)という計算式で出てくる4.9円であることがわかります。つまり米ドルの価値が4.9円下がるとロスカットの発生ラインに到達するので強制決裁が行われます。

もちろん1日で米ドルの単価が4.9円も下がることはほとんどありませんが、ロスカットが起こる可能性がゼロではないということがわかると思います。それにFXで一番怖いのは為替相場が急落してロスカットが追いつかず巨額の損失が出ることです。

ここからはFXで800倍のレバレッジを使ってロスカットが追いつかなった時に発生する被害額について説明していきます


とても便利な海外FX口座の「追証なし」制度


ここではFXで800倍のレバレッジを使う際にとても役に立つ海外FX口座に特有のゼロカットという「追証なし」制度について説明していきます。

先程も簡単に触れましたがFXでは保有通貨の価値が大きく下がるとFX口座に預けていた証拠金の数倍の損失が発生することがあります。

例えば10万円の証拠金で80万ユーロ(100万円相当)を保有していたケースで、ユーロの単価が半分に下がったとします。その場合は100万円に相当する価値があった80万ユーロの価値は50万円になるので結果として50万円の損失が発生します。

国内FX業者の場合は損失額の50万円と証拠金の10万円の差額の40万円はトレーダーの負担となります。つまりFX口座における40万円のマイナスに関しては「追証」という形で40万円を追加で入金してマイナス分の帳尻を合わせなくてはいけません。

一方、海外FX業者の多くは「追証なし(ゼロカット)」サービスがあり、証拠金以上の損失はFX業者が負担してくれるので証拠金の追加入金をしなくていいのです。先程紹介した50万円の損失ケースですとマイナス分の40万円は業者が払ってくれます。

これは800倍をはじめとした高いレバレッジを使ってFXでハイリターンを狙うトレーダーにとって最高のシステムです。実際に2015年1月に起きた「スイスフランショック」では「追証なし」がある海外FX口座を使っていたトレーダーは自己破産を免れていました。

ここまでの内容で800倍のレバレッジを使う際に海外FXの「追証なし」がどれほど便利であるかがわかったと思います。そこでこのコンテンツの最後に「追証なし」を提供している海外FX業者の中でおすすめの2社を紹介します。


800倍が使えるおすすめの海外FX業者


800倍が使えるFX業者

今回は800倍以上のレバレッジを使うことが出来て、国内・国外問わず人気の海外FX業者であるXM(エックスエム)とGEMFOREX (ゲムフォレックス)の2社を紹介します。

●XM(エックスエム)
最大レバレッジが888倍の海外FX業者であり、世界中で最も人気がある海外FX業者の1つです。日本語対応のオペレーターがいますし、24時間体制で口座開設者をサポートしているので日本人のトレーダーにも人気があります。

●GEMFOREX(ゲムフォレックス)
個人用FX口座の最大レバレッジは1,000倍であり、約定率は全FX業者の中でトップクラスという評判がある海外FX業者です。口座開設者に対するサービス特典も手厚いので利用者からの評価が高く当サイト内で人気No1の海外FX業者です。

XM(エックスエム)とGEMFOREX(ゲムフォレックス)の個人用FX口座の最大レバレッジや最低取引通貨単位についてまとめてみました。

FX業者名 XM
(エックスエム)
GEMFOREX
(ゲムフォレックス)
最大レバレッジ レバレッジ800倍 レバレッジ1,000倍
最低取引通貨数 1,000通貨 1,000通貨
追証の有無 無し 無し
約定率 99.35% 99.79%
特徴 サービスの質が総合的に高く、FX初心者にも大人気 約定率が高く、優秀な自動売買システムが完備されている

最大レバレッジも高い

2社とも国内外問わず人気がある海外FX業者で、高いレバレッジと質の高いカスタマーサービスがあります。

まだFX口座を持っていない方やFXで800倍のレバレッジを使える口座をお探しの方にXMとGEMFOREXの個人用FX口座はぴったりです。特にGEMFOREXは当サイト内で最も人気がある海外FX業者なので筆者個人のイチオシです。

GEMFOREXのFX口座の詳細はこちら


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか