五万円を外国為替証拠金取引で増やす

MENU

今ある5万円を効果的に増やす方法とは?


レバレッジを使って5万円を効果的に増やすには?

はじめてFXに取り組む個人投資家の方に人気の初期資金額の一つに5万円があります。

FXの世界では5万円という金額は決して大きな金額とは言えませんが、レバレッジの使い方次第では100万円にも200万円にも増やすことができます。

「レバレッジの使い方がFXの結果を決める」という言葉があるように少ない証拠金でFXに取り組んでもレバレッジ次第で大きなリターンを狙えるのです。

このコンテンツではFXでレバレッジを使って5万円の証拠金を効果的に増やす方法を紹介しています。このコンテンツの内容に目を通せば、少額トレードで結果を出すためのコツが分かります。



オレンジ色の矢印




最終的に5万円をいくらに増やすのかを決める


何倍のレバレッジを使うかを考える際にポイントになるのは、最終的に証拠金をいくらに増やすかということです。

5万円の証拠金でFXに取り組むのでしたら、今ある5万円を最終的にいくらに増やしたいのかを決めたいですね。

例えば今ある5万円を100万円に増やすのでしたらある程度高いレバレッジを使わなくてはいけませんが、6万円に増やすのでしたらレバレッジを使わなくても十分に狙えます。

それに可能であれば目標金額に加えて目標金額の達成期限も決めたいですね。例えば5万円を6万円に増やすにしても1年で増やすのと1日で増やすのとでは、FXに取り組むスタンスは大きく変わります。

達成金額と期限というゴールが決まれば、自ずと最適なレバレッジレートが決まります。逆にこの2つが決まらまいと何倍のレバレッジを使ってFXに取り組むべきかが決まりません。


守りを意識せずにFXでレバレッジを使う


FXに取り組む人の中には損失リスクを恐れてレバレッジを使うことをためらう人がいますが、勇気を持ってレバレッジは使ったほうが良いでしょう。

そもそもの話になりますが、FXに限らず投資の世界では期待リターンの幅は、許容するリスク次第で変わります。レバレッジを使わずにFXに取り組むと期待リターンは銀行の外貨預金と変わらない水準になります。

外貨預金の年間の期待利回りは、2%〜3%と言われていますので5万円の元手では1年間で1,000円〜1,500円しか増えません。年間1,000円〜1,500円の利益しか発生しないのでしたらFX以外の金融商品で投資に取り組んだ方が良いでしょう。

もちろんレバレッジを使う時は、ただ闇雲に使えば良いというわけではなく、自分にぴったりなレバレッジを使うのが一番。

あなたにぴったりなレバレッジレートは、達成期限と目標金額を明確になれば自ずと見えてきます。理想的なレバレッジレートが見つかりましたら勇気を持ってそのレバレッジを使ってしまった方が良いでしょう。


国内口座の最大レバレッジで狙える利益額


ここでは、国内のFX口座に5万円の証拠金を預け入れてFXに取り組むとどの程度のリターンを狙えるのか見てみます。

期待リターンを考える際に念頭に入れたいのは、金融庁が国内のFX業者に課したレバレッジの上限規制です。日本国内のFX口座は、金融庁のレバレッジ規制によって上限レバレッジは25倍に設定されています。

レバレッジは最大で25倍までしか使えないので、用意する証拠金が5万円ですと125万円に相当する金額の取引しか出来ません。国内のFX口座を使うのでしたらこの前提はきちんと押さえる必要があります。

もう一つ押さえておきたいのは、世界の基準通貨の標準的な値動きのペースです。ドルやユーロをはじめとした世界の主要通貨の1年間あたりの値動きは、前後1割〜2割であるケースがほとんどです。

現に2016年7月の米ドルの1通貨価格は103円ですが、1年前の2015年7月期の1通貨価格は123円でした。つまり、2015年の7月から2016年の7月の間で揺れ動いた為替レートは20円です。

仮に米ドル-日本円の通貨ペアにおける年間の変動額を20円とした上で5万円の証拠金と25倍のレバレッジを使うとどのくらいの利益が発生するのか考えてみます。

まず取引額ですが、5万円の証拠金と25倍のレバレッジを使うので125万円になります。(5万円×25)

もともとの1ドル単価が100円の場合、保有ドル数は12,500ドル(125万÷100)となります。この状況で1ドル単価が20円上がる場合、発生する利益総額は25万円になります。(12,500×20円)

この25万円という利益額は5万円の証拠金と25倍のレバレッジを使った時の見込み利益額になります。


上限レバレッジが高い海外口座を開設する


比較的少額である5万円という証拠金を使ってFXで大きなリターンを狙うのでしたら、ある程度高いレバレッジを使う必要があります。FXで高いレバレッジを使う際に問題になるのは、金融庁に定められたレバレッジの上限規制です。

国内のレバレッジ規制に縛られずにレバレッジを使うためにも金融庁のレバレッジ規制の対象外である海外口座でFXに取り組んだ方が良いでしょう。

海外のFX業者は国内のレバレッジ規制に縛られずに自由に上限レートを決められるので25倍を上回るレバレッジを使うことができます。それにほぼ全ての海外のFX口座は、上限レバレッジは300倍を超えるので少なくても300倍のレバレッジは使えます。

5万円の証拠金と300倍のレバレッジを使った上でFXに取り組んだ場合はどの程度のリターンが期待できるか考えてみましょう。

300倍のレバレッジを使えば、証拠金の300倍の規模の取引を行えますので、5万円の証拠金があれば1,500万円分の外貨の売買を行えます。

1,500万円に相当する規模の外貨を保有していれば、外貨の単価が1割上がるだけで150万円の利益が発生します。

仮に150万円の利益が発生するともともとの証拠金の30倍の利益が発生するので、利益率はなんと3,000%です。 3,000%の利益率と聞くと損失リスクが気になるかと思いますが、海外のFX口座にはゼロカットがあるのでリスクはそこまで気にしなくて済みます。

ゼロカットとは何かと言いますとFXの損失金額を証拠金全額に制限するシステムです。 例えば5万円の証拠金と300倍のレバレッジを使って100万円の損失が発生したとします。

このケースですと証拠金を超える95万円は弁済責任を負わず、業者に支払う金額は証拠金として預け入れた5万円だけで済むのです。つまり、高いレバレッジを使って証拠金の数倍〜数十倍の損失が出発生しても弁済金額は最小限で収まります。

ゼロカットってとても便利だと思いませんか?

このシステムがあるので300倍クラスのレバレッジを使っても最大損失額はFX口座内の証拠金全額に収まるのです。ゼロカットは海外FX口座の特権ですので、FXでゼロカットを利用したい方は、海外のFX口座でFXに取り組む必要があります。

当サイト人気No1の海外FX口座はこちら


徐々に証拠金の額を増やすようにする


5万円の証拠金でFXに取り組む際に心がけたいのは、FXの世界において5万円というのは超少額の資金であることです。

FXの構造上少ない証拠金で通貨の売買に取り組むとなると高いレバレッジを使わざるを得なくなります。

例えば100万円に相当する金額の外国通貨を買うケースを考えてみましょう。50万円の証拠金ですとレバレッジは2倍ですが、5万円の証拠金ではレバレッジは20倍に設定されます。

高いレバレッジを使ってFXに取り組むとわずかな為替相場の下落で大きな損失が発生してします。為替相場の下落リスクを考えると自分が希望する規模の通貨の売買を低いレバレッジで行えることに越したことはありません。

レバレッジレートは、「取引額÷証拠金」という計算式で算出されますので、利用レートを下げるためには証拠金を増やすことが必要になります。

いきなり証拠金を大幅に増やすのは難しいかもしれませんが、徐々にでも良いので証拠金の額を増やすことで利用レートを下げる努力をしたいですね。


5万円を使ったFXに関するまとめ


このコンテンツではここまでFXで5万円を効果的に増やす5つのコツについてまとめてきました。今回紹介した5つのポイントを改めて紹介しますので振り返ってみましょう。

  1. FXのゴールと期限を決める
  2. 守りを考え過ぎない
  3. 国内口座では高レバレッジが使えない
  4. できれば海外口座でFXに取り組みたい
  5. 徐々に証拠金の額を増やす

今回紹介した5つのポイントはどれも大切になりますが、一番意識したいのは海外のFX口座を使ってFXに取り組むことです。

海外のFX口座ですと国内のFX口座よりもはるかに高いレバレッジをFXで使えますし、ゼロカットのおかげで最大損失額も証拠金の範囲に収まります。

とてもお得な海外口座の開設にはお金はかかりませんし、審査も緩いので誰でも簡単に開設できます。FXで手元にある5万円を増やしたいのでしたら海外口座の利用は必須要件と言えるでしょう。

海外FX口座の開設手順とおすすめの海外FX業者につきましてはこちらのコンテンツでまとめていますのでよろしければどうぞ。

海外FX業者で口座開設する方法はこちら


人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか