二十五倍のレートを使いこなすコツ

MENU

二十五倍のレートの良し悪しとは?


レバレッジ25倍を安全に

「FXで25倍のレバレッジを使うとどんな結果が見込めるのかな?」

国内のFX口座の最大レバレッジを使うことに興味を持つあなたはこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

実は私自身、FXで25倍のレバレッジを使うメリットが分からず、最大レバレッジを使うことに二の足を踏んでいました。そんな私もFXの経験が深まるにつれ、FXで25倍のレバレッジを使うメリットがわかりました。

例えば4万円を用意すれば100万円の外貨を買える。400万円に相当する外貨をFXで買う際に必要になる資金額が400万円の25分の1である16万円に収まるなどです。

要するに最大レバレッジを利用するというのはFXの資金効率性を大きく高めるのです。そんなFXの世界で使わないともったいない25倍のレバレッジのメリットとデメリットについて今回は紹介していこうと思います。



オレンジ色の矢印




25倍利用時のリスク・リターンを計算してみる


「FXで25倍のレバレッジを利用するとリスク・リターンってそれぞれどうなるの?」と思うのではないでしょうか。

そこでここではFXで25倍のレバレッジを利用したケースにおけるリスクとリターンについて見ていきます。そのためにも証拠金が10万円、1ドルレートが100円のケースにおける各レートのポジションをまとめてみました。

利用レバレッジ持てるポジション
レバレッジ25倍2万5千ドル
(250万円分)
レバレッジ10倍1万ドル
(1万円分)
レバレッジ1倍1000ドル
(10万円分)

このように同じ証拠金でも利用レートに応じて持てるポジションが異なることがわかったと思います。そこで次に本題のFXで25倍のレバレッジを使ったケースで発生が見込まれるリターンとリスクについて紹介していきます。

レバレッジ25倍のリターン


ある日為替レートが「1ドル=105円」に変動し、+5円になったケースの一覧表です。

倍率 為替差益
レバレッジ25倍 +125,000円
レバレッジ10倍 +50,000円
レバレッジ1倍 +5,000円

このように利用レートが大きくなるにつれて為替の変動で見込まれる為替差益の額が大きくなります。FXで25倍のレバレッジを使うと10万円の元手を用意すると5円の値上がりで12万5千円の利益が狙えるので利益率がとても高いです。

レバレッジ25倍のリスク


次にFXで25倍のレバレッジを使ったケースのリスクについて見ていきます。今回はさっきとは逆で25倍のレバレッジを利用して1ドルのレートが「95円」にまで下がり、−5円になるケースを見てみます。

倍率 為替差益
レバレッジ25倍 −125,000円
レバレッジ10倍 −50,000円
レバレッジ1倍 −5,000円

たったの5円の値下がりで12万5千円もの損失が出るなんて凄いと思いませんか?もともとFXに取り組んだ時の元手が10万円だったのでなんと元手を上回るロスが発生してしまったことになります。

この結果からわかるように、FXの世界では為替変動によるリスクとリターンはまさに表裏一体。つまりFXで25倍のレバレッジを利用すると大きな利益が出る分、損失も同じように大きくなる可能性もあります。

つまり25倍のレバレッジをFXで利用すれば大きなリターンを見込める半面、一定のリスクの許容も必要になります。ちなみにこのリスクの中には損失リスクのほかにロスカットリスクもあります。

このロスカットリスクの詳細についてはこれから見ていこうと思います。


FXで怖いロスカットとは?


ロスカットとは保有ポジションの損益がある一定レベルに達した時にそれ以上の損益を出さないためにFX会社側が決済をする制度です。

ロスカットの発生タイミングはFX会社が個別に指定しています。それでも多くのFX業者はロスカットの発生タイミングを証拠金維持率の40%~50%にしているので「証拠金維持率の50%」というのは1つの目安になります。

このことを念頭に入れた上でFXで25倍のレバレッジを利用した時のロスカットの発生リスクのについて具体的な例を数値を見ながら考えてみます。

設定条件一覧


  1. 所有している証拠金は10万円
  2. 「1ドルレート=100円」
  3. 取引金額は2万5千ドル
    (利用レバレッジは25倍)
  4. FX業者の最大レバレッジは25倍
  5. FX業者のロスカットレベルは50%

まずはこの設定条件の場合、このFX会社ではいくらの損失が発生した時にロスカットが執行されるのか計算してみます。

ちなみにロスカットの発生タイミングは、トレード総額÷上限レバレッジ×証拠金維持率という計算式で分かります。この計算式において先ほど紹介した条件をそれぞれ当てはめてみます。

すると「トレード総額÷上限レバレッジ×証拠金維持率」という計算式は200万円分÷25倍×50%=4万円となります。

所有している証拠金10万円が4万円(100%)以下になったらロスカットされます。
つまり10万円の元手と25倍のレバレッジでFXに取り組む場合、FXで6万円以上の損失が発生するとFX業者側がロスカットを執行します。

そこで次に6万円の損失がどの時点で発生するかを考えてみます。

レバレッジ25倍で2万ドルの取引を行っている以上、6万円の損失は為替レートでたったの3円の下落で発生します。(6万円÷2万(通貨)=3)

要するにFXの世界では高いレバレッジを利用すると為替変動時の損失が大きくなるので ロスカットリスクも自ずと高まります。

「高いレバレッジで取引したいけれど、ロスカットリスクは抑えたい。」

こんな思いがあるのでしたらFX口座の証拠金に余裕を持たせるしか手はありません。


レバレッジ25倍の証拠金はどのくらいか?

レバレッジ25倍の際の証拠金
FXに取り組む際に必要になる証拠金は、「為替レート×最低取引単位÷レバレッジ=必要証拠金」という計算式で求められます。

例えば「1ドル=100円」のレートの時にFXで25倍のレバレッジを使って1万ドルの取引をするとします。このケースですとFX口座に必要になる証拠金は、100万円÷25倍=4万円となります。

100万円分のポジションに対しての4万円は%で表すと4%です。つまりFXで25倍のレバレッジを利用するケースにおける必要証拠金は4%となるのです。

ちなみにFXの世界では取引金額が同じでも為替レート次第で必要証拠金の額が変わります。このことを理解してもらうために100万円相当のトレードを行う際に必要になる証拠金の額をレバレッジレートごとにまとめてみました。

レバレッジ 1万ドルに必要な証拠金 2万ドルに必要な証拠金
25倍(4%) 4万円 8万円
10倍(10%) 10万円 20万円
5万円(20%) 20万円 40万円
1万円(100%) 100万円 200万円
(*1ドル=100円の時の必要証拠金)

この表からもわかる通り、同額のポジションを保有する場合、高いレバレッジのほうが必要証拠金が少なくなります。つまりFXの世界においてはレバレッジ1倍よりも5倍の方が、5倍よりも25倍の方が必要となる証拠金が少なくて済みます。


高い倍率でFXに取り組むのは危険なのか?


FXで25倍のレバレッジを利用する際に一番気になるのがFXで借金を背負うリスクではないでしょうか?このFXで最も怖い借金リスクに関してはFXの世界ではロスカット制度のお陰で基本的には発生しません

基本的にFXでは借金が発生することはないと知ると少しは安心できないでしょうか?その上、FXで大きな損失が発生するケースは基本的にこれから紹介する3つのパターンしかありません。

  • 強制ロスカットが間に合わなかった
  • FX会社側のトラブルが原因となる
  • 無理な金額をトレードにつぎ込む

つまりあらかじめこの3つのパターンを理解した上で対策を取れば損失リスクを限りなくゼロに出来ます。3つのパターンのそれぞれの詳細と対応方法についてこれから紹介していきます。

強制ロスカットが間に合わなかった


FX業者側のシステムが為替の変動スピードに追いつかない場合、強制ロスカットが正常に機能しなくなることがあります。基本的にこんなことは起こりえませんが、自然災害や2015年のスイスフラン高騰のような事件が起きた時には実際に発生しました。

想定外の予測は不可能ですが、あらかじめ対策をすることはできます。

その方法というのは、FX口座内の証拠金に余裕をもたせることです。これを行うだけで想定外の事態が発生してもFXで大幅な損失を被る可能性が下がります。

FX会社側のトラブルが原因となる


FX会社のシステムトラブルなどによって取引ができなくなり、その間に大きな損失が発生することがあります。

システムトラブルに対する対処法は、24時間サポートがあるFX業者を利用することです。24時間対応のサポートが有る場合、すぐに異常を解消してくれるので損失ダメージを最小限に抑えることができます。

無理な金額をトレードにつぎ込む


実はFXに取り組む人の中には借金の返済のためにFXをはじめる人やFXに取り組む初期資金を消費者金融から借りる人も一定数います。こういったお金は返済義務がある他人のお金ですのでトレードの失敗がそのまま借金に繋がります。

実はこの他人のお金でFXに取り組んで失敗するのがFXで借金を背負う代表的なパターンなのです。このケースの対処法は、自分ルールを決めた上でFXに取り組むことです。

例えば、「FXは貯金の一割で取り組む」、「FXは自分のポケットマネーで行う」といった制限をかけます。これを行うだけで他人のお金でFXに取り組むことはなくなります。


危険性を下げるコツは海外FXの利用


レバレッジ25倍についてのまとめ
ここまでの内容からFXで25倍のレバレッジを使うとどんな結果になるかがなんとなくわかったのではないでしょうか?

FXで25倍のレバレッジを使うとリターンだけでなくリスクも25倍になるので利用をためらうこともあると思います。ですが、ここまでまとめてきましたようにFXのリスクは工夫次第で最小限に抑えることができます。

この点を考えると国内のFX口座の最大レバレッジである25倍のレートの利用は恐れるに足りません。この話を聞いてでも25倍のレバレッジをFXで利用するのが怖いのでしたら海外のFX口座で25倍のレバレッジを利用することをおすすめします。

なぜなら海外のFX口座には、ゼロカットという借金の帳消し制度があるので25倍のレバレッジを使っても借金を背負うリスクが全くありません。つまり本来ならば僅かなら借金リスクがある25倍のレバレッジを安全に使うことができるのです。

国内のFX口座よりも安全にレバレッジを使える海外FX口座の詳細はこちらでまとめています。

FXでレバレッジを存分に使える海外口座とは?


スペシャルコンテンツ

レバレッジの基本情報

FXの注意点

最適なレバレッジの選択

レバレッジの活用について

FX業者に関して

海外FX口座に関して

おすすめFX業者ランキング

口座開設方法に関する便利な情報

レバレッジ関連ニュース

人気のFX業者