海外口座と国内口座の上限レート比較

MENU

レバレッジの仕組みと効果的な使い方とは?


レバレッジフル活用

ようこそ、FXレバレッジ比較ガイドへ!

当サイトはFXの勝敗の鍵を握るレバレッジを使いこなすコツとレバレッジを思う存分使えるFX業者についてまとめています。


  • FXでレバレッジの使い方が分からない・・・・
  • レバレッジを使いこなすコツを教えてほしい・・・
  • レバレッジが使いやすいFX業者を知りたい・・・

こんな疑問やご要望をお持ちのあなたのお役に立てる情報がたくさんあります。

今回は当サイトの紹介も兼ねてまず最初にレバレッジ効果を存分に堪能できるFX業者をランキング形式で紹介します。

その上でレバレッジの基本的な仕組みや国内のレバレッジ規制の概要、海外口座と国内口座の違いについても触れていきます。


この中で1つでも興味がある項目がありましたら当サイトはあなたのお役に立てるはずです。それではまずは、400倍を超えるレバレッジを最小限のリスクで利用できるおすすめのFX業者をランキング形式で紹介します。


海外FX業者人気ランキング

GEM FOREX

ゲムフォレックス

GEM FOREXのスペック


当サイト人気No1のFX業者。最大で1000倍のレバレッジが使える上に証拠金を入金すると入金額がそっくりそのままキャッシュバックされます。

ボーナス特典の手厚さと最大レバレッジの高さから当サイト内で最も利用者の評判が高い今注目の海外FX業者です。




XM.com

XM.com

XM.comのスペック


全世界で最も有名な海外FX業者。最大で888倍のレバレッジが使える上に証拠金を入金する度に入金額に応じたキャッシュバックが発生します。

日本語のサポートが手厚く、FX業者としての評判も良いので日本国内で最も人気がある海外FX業者の1つになっています。




TITANFX

TITANFX

TITANFXのスペック


使いやすいトレードツールと日本語サポートが嬉しいTITANFX。全世界のFX業者の中で最高水準の約定力と全海外FX業者の中でトップクラスのスプレッドの狭さが魅力的です。




AXIORY

AXIORY

AXIORYのスペック


海外FX業者の中で珍しく信託保全を提供しているFX業者。最大レバレッジが400倍、取引手数料が無料、日本語サポートがあることから最近日本人のトレーダーからの注目が集まっています。




LANDFX

LANDFX

LANDFXのスペック


イギリスに本拠地を置く最大レバレッジが500倍の海外FX業者。24時間体制のサポートサービスがあり、出金手段が豊富なので使いやすさがピカイチ。トレードに集中できる環境をお探しでしたらLANDFXを上回るFX業者はなかなか見つかりません。




ここまでおすすめの海外FX業者をランキング形式紹介してきました。そこでここからは、FXの鍵を握るレバレッジの仕組みやFXでレバレッジを使いこなすコツについて紹介していきます。




オレンジ色の矢印




FXの鍵を握るレバレッジとは?


FXに興味があるあなたはレバレッジという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? FXで利用ができるレバレッジというのは、今手持ちの資金を元手にして、【てこの原理】が使える機能のことです。

【てこの原理】というとなんだかよく分かりにくいですよね。より簡単な言い回しを使うなら自分が持っているお金以上のお金で取引が出来る仕組みのことです。

通常レバレッジは〇〇倍のレバレッジと言われ、〇〇倍の数値に応じて取り組めるトレードの規模が変わります。

例えば手持ちの1万円に10倍のレバレッジをかけるとします。

この場合、1万円の元手を担保に元手の10倍である10万円に相当する外貨を売ったり買ったり出来ます。等価交換が原理原則の投資の世界においてレバレッジは元手以上のトレードを行える「錬金術」のようなお得な機能なのです。

FXはレバレッジで1万円を何倍かに



国内外の会社一覧


FXで使える最大レバレッジは使う口座が法人口座なのか、個人口座なのか、国内口座なのか海外口座なのかで大きく変わります。下を見れば国内・海外問わずたくさんのFX業者が存在するのかがわかると思います。

国内のFX業者


国内FX業者ロゴ一覧

海外のFX業者


海外FX業者ロゴ一覧

国内業者のFX口座でも海外業者のFX口座でもレバレッジを使うことはできますが、日本国内のFX業者にはレバレッジ規制があります。

ハイレバレッジを使って1日で多額の利益を出したいという方は規制がない海外のFX口座を使った方が良いでしょう。国内のFX口座と海外のFX口座の違いについては後ほど説明します。



リスクを決めるのは利用レートではない


もしかしたら今のあなたはFXをはじめたばかりの頃の管理人と同じようにレバレッジに対してこんな誤解を抱いているかもしれません。



よくある2つの誤解


  • 高いレバレッジを使うと損失リスクも大きくなる
  • FXでレバレッジを使うにはリスクの許容が必要



一見するとこの2つは正しいように思えますが、実は間違っています。そもそもの話になりますが、FXのリスクを決めるのはレバレッジではなくてポジションなのでハイレバレッジが必ずしもリスクが高いわけではないのです。

このことについてこれから詳しく説明していきます。

リスクの有無は建てるポジションの数で決まる


FXでトレード状態にあることを、ポジションを持つ、ポジションを立てる、と表現します。このポジションの持ち方やポジションの立て方次第でFXのリスクの大きさが変わります。

ポジションの立て方とトレードのリスクにどんな関係があるのか?をこれから紹介するケースで考えてみます。


今回のケース


  • 利用レバレッジは5倍と50倍
  • 取引通貨数は100万円に相当する1万ドル
  • 1ドルレートは100円


5倍のレバレッジと50倍のレバレッジのケースで必要になる証拠金はいくらでドルの単価が0.5円下がるとどうなるのかを見てみます。

まず必要な証拠金ですが、レバレッジ5倍の時は20万円(100万円÷5)でして、50倍の場合は2万円(100万円÷50)となります。

次に発生損失額ですがレバレッジ5倍のケースでも50倍のケースでも保有通貨数は1万ドルです。つまり、利用レート5倍であろうと10倍であろうと発生損失額は5000円(1万通貨×0.5円)となるのでリスクは変わりません

それに50倍のレバレッジは5倍のレバレッジよりも少ない資金で大きな資金を運用できるので運用の効率性が高いです。今回見たように100万円を運用する場合、5倍だと20万用意しなければなりませんが、50倍なら2万円で済みますから効率性は10倍です。

資金効率性を考慮すると同じ金額のトレードを行う場合、高いレバレッジで行ったほうが安全なのです。

この話を聞くとあれ?ハイレバレッジってリスクが高いんじゃなかったの?という疑問を抱かれるかもしれません。そこで1つ補足します。

20万円の証拠金を用意して50倍のレバレッジを使って100万円のトレードをする場合、必要になる資金は2万円で済みます。このケースですと安全なのです。

しかし資金が2万円で済むという理由でポジションの数を10枚に増やす(2万円×10枚=20万円)となると話が変わります。


この場合、「2万円の証拠金と50倍のレバレッジで作られた100万円のポジション」を10枚持っているのでリスクが高まります。要するにハイレバレッジのポジションを立てすぎるのが危険なのであってハイレート自体には問題はないのです。

この点は誤解がないようにしていきましょう。

ギャンブル性を利用して儲ける


管理人はFXを始めて8年のベテランで、年間で数百万円はコンスタントに利益を得ています。

為替の世界は各国の政治経済や貿易などあまりに要因が多く複雑に絡みすぎているので正確な予測をするのは不可能です。

逆に言えば投資でありながらもギャンブル的な要素も含んでいるのでレバレッジの使い方次第でFXの結果が大きく変わります。レバレッジを使った状態で自分の予測とトレンドがあえば資金はあっという間に元手が2倍、3倍、10倍となります

もちろん元金がゼロになるリスクもありますが、資金が一発で倍に増えたり、短期間で何倍にもなる可能性を秘めているのがFXの醍醐味です。ギャンブルとは違いますが、ギャンブルのように大きく資産を増やすチャンスがFXにはあります。


ハイレートは国内のFX口座では使えない


国内のFX口座で個人が掛けることができる最大レバレッジは25倍と法律で決められています。 この25倍の上限ルールは、「顧客保護」「FX会社のリスク管理」「過当投機の防止」といった観点から、金融庁が決定したものです。

日本国内は規制でレバレッジ一律25倍



金融庁が決めたルールなので25倍を超えるレバレッジを国内の個人口座で掛けることはできません。ルールだから仕方ないとはいえ、どうにかして25倍以上のレバレッジを掛けてトレードに取り組みたいという人も少なくないでしょう。

そこで、25倍はおろか300倍以上のレバレッジを掛けることができる2つのFX口座を紹介します。

法人用のFX口座を開設する


FXでレバレッジ規制があるといってもそれは個人口座の話です。

法人口座には金融庁のレバレッジ規制は関係ありません。法人を作るハードルも昔に比べれば下がっていますし、法人化することでFXに関する費用を経費にできるなどメリットがあります。

ちなみに全てのFX業者の法人口座で300倍以上のレバレッジが掛けられるわけではなく、各FX業者の法人口座の最大レバレッジはバラバラ。

例えば「GMOクリック証券」は200倍までですし、「セントラル短資FX」は100倍です。 300倍のレバレッジを掛けるのであれば「ヒロセ通商」や「外為ジャパン」など、400倍であれば「みんなのFX」などがあります。

法人口座ならハイレバレッジ



法人口座を開設するには法人化するという手間はありますが、国内口座で300倍以上のレバレッジを使うには法人口座を開設するしかありません。

海外のFX口座を開設する


法人を作るハードルが下がっているといっても法人設立は面倒なものです。そこで法人化せずに300倍以上のレバレッジを掛ける方法を考えてみます。

レバレッジ規制はあくまで日本の規制である以上、海外のFX業者のFX口座はレバレッジ規制の対象になりません。 例えば当サイトで最も人気がある「GEMFOREX」は最大で1000倍のレバレッジが使えますしネットで簡単に口座開設が出来ます

FXで高いレバレッジを使うことに興味があるのでしたら「GEMFOREX」のような海外FX業者の個人口座を開設した方が良いでしょう。

ちなみに海外のFX口座は、入金方法もクレジットカードはもちろん銀行送金、ネッテラーにも対応しています。気軽に送金ができるのでFX口座内の資金額の増額、引き上げに困ることはありません。

インターネットで簡単に開設海外口座


GEMFOREXならレバレッジは1000倍



それに海外FX口座は審査基準も緩く誰でも口座を開設することができます。ネット上を探せば口座開設の方法を解説しているサイトは多くあります。それに開設方法が分からないときは海外業者のサポートセンターに問い合わせることができます。

海外FX業者とはいえサポートセンターの対応は日本の業者とほぼ変わらずに日本語で対応してくれます。

サポートが手厚く簡単な審査で300倍以上のレバレッジを掛けることができるのが 海外FX口座の大きな特徴です。FXで高いレバレッジを使いたい方は海外FX口座を開設することをおすすめします。





国内口座と海外口座のどっちが良いの?


国内業者のFX口座でも海外業者のFX口座でもFXに取り組めますが、管理人はゼロカットがある海外口座の利用をおすすめします

ゼロカットというのは、今口座にある資金以上に損失は発生させません、という海外FX業者独特のサービスです。

ゼロカットがある海外FX口座の場合、FXの最大損失額はFX口座内の証拠金全額と規定されています。仮に為替動向などで証拠金がマイナスになった場合でも、FX口座の中にある残高以上の損失は発生しません


海外FX口座を使って少ない資金をハイレバレッジで膨らまし、一気にトレードで儲ける。

仮にトレードが上手くいかなくてもFX口座内のわずかな金額が無くなるだけで追証は発生しない。


「このミドルリスク・ハイリターン型のトレードを何度も何度も繰り返す中で、うまくあてて資金を一気に膨らませる・・・・・」

これが管理人イチオシの投資スタンスです。

ちなみに国内業者のFX口座にはゼロカットがないので高いレバレッジを使うと借金を背負うリスクが十分にあります。この点を考えると国内業者のFX口座でFXに取り組むのも悪くはないですが、リスクリターンを考えると海外業者の個人口座の方が断然お得。

それではここまで紹介してきました海外FX業者の個人口座と国内FX業者の個人口座の違いをまとめてみます。

国内FX業者と海外FX業者の特徴

国内のFX業者と比較すると海外のFX業者の良さが際立ちますよね。

特に最大レバレッジが高く、借金リスクが無いというのは海外口座ならではの持ち味。国内のFX口座と海外のFX口座を比較すると海外口座を使わずにFXに取り組むのは割に合わない選択と感じないでしょうか。




人気のページTOP5

最新記事

基本情報

ニュース

リスク管理

レバレッジで選ぶトレード

FX会社おすすめTOP5

トレード体験記

投資について

トレード手法

海外口座について

比較とランキング

FXの税金

口座開設について

FXの説明書

海外FX業者一覧

国内FX業者一覧

法人口座ほか